So-net無料ブログ作成
検索選択

歌登の泰和製自走客車③ [簡易軌道]

窓サッシは、3+4の2分割で妥協。
ほんとは2・3・2が望ましいのですが面倒。
遠目で見れば解らないので「良し」とします。
conv0010.jpg

続きを読む


林鉄レイアウト② [森林鉄道]

4tのシナベニアですので、1箇所を持ち上げると歪みます。
極力強度を持たせるために仕切り板を追加し、ボックス構造風にします。
conv0002.jpg

続きを読む


歌登の泰和製自走客車② [簡易軌道]

足回りは、けっこう「落とし穴」がありました。
仮に動力台車を組んで通電したところ、正転しても逆転で停止。
ギアの噛み合わせや、ウォームギアなど弄っても変化なし。
何のことは無い、集電シューが車輪のスポークに当たってブレーキになっていました。
conv0011.jpg
無理やり「への字」に曲げて逃げました。

続きを読む


歌登の泰和製自走客車① [簡易軌道]

林鉄レイアウト製作と同時に(溜まった)在庫のキットを消化します。
まずは点灯化のために、分厚いロスト妻板のライトに0.5Φ穴明。
途中でキリが折れたらアウトなので慎重に明けます。
conv0002.jpg

続きを読む


林鉄レイアウト [森林鉄道]

暫く地面作りから離れると無性に作りたくなります。
先週末に、急に「林鉄レイアウト」を着工しました。
以前に製作した「那華山森林軌道」は(TMS、822号掲載)はA3サイズにこだわった為に無理が生じ、手放しで走行する車両を眺める訳にはいきませんでした。
今回は本線ポイントR200、カーブもR150としました。
conv0002.jpg

続きを読む


メッセージを送る