So-net無料ブログ作成

突貫工事 その2 [簡易軌道]

天板の上に2ミリ厚のコルクシートを貼って高さを規格に合わせます。
厳密にいくと2.3ミリですが、コルクの凹凸もありますので大丈夫でした。
conv0007.jpg

アーチスタフォルモでコルクの段差を埋め、一部に盛土を作ります。
地面はいつも通り「レンガ・テラコッタ調塗料」。
急いで作った為、製作途中の画像がありません。
conv0005.jpg

ウッドランドの各素材で地面を覆います。ここまで出来れば一安心。
あとは小物の製作・配置です。まずはトラック、アオリを開けます。
conv0001.jpg
「天然銘木シール」を内張りに使います。あとはスミイレ、ウエザリング。
ナンバープレートが無いとやはり変です。
conv0002.jpg

停留所の小屋は1x1、2x2の檜材と銘木シール。屋根は波板から写し取ったアルミホイル。
ゼリー状の瞬着で組みます。
conv0003.jpg
conv0004.jpg
住民はプライザー。地味な色に塗っても日本人に見えないです。体形・服装が違いますね。
トミーの「ザ・人間」HO版でもあれば嬉しいのですが。
conv0006.jpg

ついでにこんなモノも衝動買い。ワールドの「土運車」。
ハンダ付け不要となってます。昔の雑誌の付録のように、ツメを差し込んで折って固定。
1時間ほどで完成。でもハンダ付けしました。
conv0008.jpg
今夜時間があれば塗装します。
明日はいよいよ東京へ出発。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0