So-net無料ブログ作成

標茶の釧路製自走客車 その2 [簡易軌道]

先週末は恒例の沼尻モジュール整備で猪苗代へ。
ご存知のように日曜日は「大雪」で、投宿した中ノ沢温泉は積雪20センチ。
道の雪が溶ける午後まで宿に待機でした。
conv0009.jpg冬の間は雪囲いをしてありますが、だいぶ傷んできています。
ペンキの厚塗りだけは避けていただきたいものです。
conv0015.jpg


ロスト一発のエンジンです。
かなり重いのでウエイトは要らないかも。
黒一色だとせっかくのディテールが目立たないので、クレオスのメタルカラーで変化をつけます。
conv0011.jpg

アナログで試運転。
珍しく一発で、快調に走ります。
conv0012.jpg

R140でのテスト。
脱線しましが、台車は追従しますので、モーターのコードを細くすればいいかもしれません。
conv0013.jpg

R280のS字カーブは問題無しです。
conv0014.jpg

メーカーの取説はHゴムはグレーですが、数少ないカラー写真は黒Hゴムに見えますので黒にしました。
白帯は付属のデカールです。
デカール貼りなんて中学の頃のプラモ以来です。
結構、手こずりました、曲がってますね。
conv0010.jpg

あとはデコーダ搭載とライトの配線です。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0